日の出湯の『蛍の夕べ』へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2011年6月12日(日)

『蛍の夕べ』の告知がぶらさがった看板
日の出湯の『蛍の夕べ』へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

日の出湯。
比較的京都駅から近いということもあってか、レトロ銭湯マニアには知られた名湯であります。
京都駅から近鉄線の高架に沿って南西へ進むこと、10数分。
一大ターミナルの徒歩圏とはとても思えない下町情緒溢れる街並の中を通り、
狭い脇道へ積極的に迷い込んだ末に目の前へ現れるのは、昭和の動態保存。
ため息が漏れる、超リアルレトロな外観。外観に輪をかけてレトロな玄関、番台、脱衣場、坪庭。
でも、浴場自体はしっかり改装され、バリバリ現役の実用重視。
情緒がトコトン味わえ、そして実用性もトコトン享受できる、実に素晴らしい銭湯なのであります。
そんな日の出湯が毎年6月に行なってるイベントが、『蛍の夕べ』。
脱衣場そばの坪庭に蛍スペースみたいなのを設置して、淡い光を楽しむという趣向です。
「レトロ銭湯」「坪庭」と、おしゃれな連中が群がって使い捨てにしそうなワードが並んでますが、
実際の内容はさほど賑やかだったり大袈裟だったりするもんではありません。
蛍スペースというのも、坪庭に蛍を放すのではなく、箱の中で蛍を見ることになります。
トップ画像の告知紙も含めて、実に手作り感溢れるイベントなのです。

続きはこちら »

下鴨神社の蛍火の茶会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

2011年6月11日(土)


下鴨神社の蛍火の茶会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

蛍火の茶会。
文字通り、下鴨神社・糺の森を飛び交う蛍の灯りを眺めながら、お茶を嗜む催しです。
都市部にありながら、太古以来の山城原野の植生を残すという、糺の森。
特に5月から6月にかけては緑が美しく、神の森というイメージが強いスポットであります。
が、ここ、江戸時代には庶民の憩いの場として、茶店も立ち並んだりしたんだとか。
森の中を流れる川に船を浮かべての納涼茶会、また能や相撲なども行われたそうです。
しかし明治維新以後、下鴨神社は国の管理下に置かれ、茶会などの庶民的行事はどんどん消滅。
昭和に入ると、周囲が開発されたことで糺の森の環境も悪化。
川には上流からの農薬が流れ込み、蛍はもちろん昆虫類も絶滅寸前に至ったそうです。
現在の蛍火の茶会は、地元の人たちにより糺の森周辺の川が繰り返し清掃され、
放流された蛍が定着したことをうけての復活もの。明治の廃絶から実に100年ぶり。
重文である橋殿・細殿で夕方から茶が供され、夜には御手洗池で大量の蛍を放流。
加えて、神服殿では下鴨神社名物・十二単の着付が行われ、各種音曲の披露もあります。
そんな風流な茶会へ行ってきました。と言っても、私は茶会そのものには参加してませんが。
お茶のこと、知らないし。それに事前申し込みしないと駄目だし。
ただただ、蛍を見に行っただけです。

続きはこちら »