卯月ももちろん、ひとりで。 ~4月の御案内~

2021年4月1日(木)


トップの歳時記もどき、止めどない混乱の中で新年度を迎える4月版でございます。

4月といえば、まずは桜。出かけないという方は、うちの記事で混雑感でも楽しんで下さい。
 ひとりで愛でる京都の桜

をどりも盛んな、4月。都をどりと北野をどりは中止ですが、京おどりは制限付きでやるそうですよ。
 宮川町歌舞練場へ京おどりを観に行きました。もちろん、ひとりで。
  祇園へ都をどりを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
   上七軒へ北野をどりを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

桜が終わる頃には、ミッドナイト念仏です。今年は、事前申し込み+人数制限+配信で開催。
 知恩院のミッドナイト念仏へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

光秀イヤーである去年は中止になった、福知山お城まつり。今年は、どうなるんでしょうね。
 福知山お城まつりへ行ってきました。もちろん、ひとりで。

下旬に入れば、春祭の季節です。稲荷祭と松尾祭、どっちも神輿巡行は難しいみたい。
 稲荷祭の氏子祭を、8年にわたって観続けました。もちろん、ひとりで。
  松尾大社の神幸祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

洛南の城南宮では、平安の雅が再現される曲水の宴あり。どうやら、やるみたいですよ。
 城南宮の曲水の宴へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

GWが始まる頃は、壬生寺で壬生狂言の上演も始まる頃。今年は、どうなるんでしょうね。
 壬生寺へ壬生狂言を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

八幡では、円福寺の春季萬人講が行われます。筍、食べられるんでしょうか。
 円福寺の春季萬人講へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

大変な状況が続き過ぎる今日この頃ですが、4月も穏やかに、したたかに。