» 2024 » 6月 ひとりでうろつく京都 (β版)

水無月ももちろん、ひとりで。 ~6月の御案内~

2024年6月1日(土)


嘘のように日々は過ぎ、あっという間に1年ももう半ば。
時間の恐怖に震えながら、TOPの歳時記もどき、6月版でございます。

6月の京都といえば、まず京都薪能。夜にじっと座ってると意外に冷えるので、要注意。
 平安神宮へ京都薪能を観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

そして、洛南の奇祭こと宇治・縣神社の縣祭り。今年はどんな形でどんな風に行われるのかな。
 縣神社の縣祭りへ行って来ました。もちろん、ひとりで。

何もないようで案外色々な行事があるのも、京都の6月です。田植に、蛍に、竹伐りと。
 伏見稲荷の田植祭へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
  下鴨神社の蛍火の茶会へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
   鞍馬寺の竹伐り会式へ行ってきました。もちろん、ひとりで。

もちろん、6月といえば何と言っても、あじさい。うちでも、色んな所へ拝みに出かけてますよ。
 藤森神社の紫陽花苑へ行ってきました。もちろん、ひとりで。
  三室戸寺へあじさいを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
   大原・三千院へあじさいを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。
    当尾・岩船寺へあじさいを観に行ってきました。もちろん、ひとりで。

半化粧で行く必要はありません。建仁寺塔頭・両足院では、半夏生の特別庭園公開あり。
 建仁寺塔頭・両足院へ半夏生の特別庭園公開を観きました。もちろん、ひとりで。

そして月末は、夏越祓。うちも色々と記事がありますが、おすすめは最近のものでしょうか。
 夏越祓の茅の輪を求めて山科をうろつきました。もちろん、ひとりで。
  夏越祓の松原通で、水無月を買いまくり食べまくりました。もちろん、ひとりで。
   夏越祓に長岡京・小倉山荘竹生の郷本館へ行きました。もちろん、ひとりで。

しっかり暑いけど、でも妙に冷えることもあったりする、6月。
出かける時は、気温と体温の違いに御注意を。